2022年1月11日

落ち込んでいるときは、「今こそ充電の時期だ」と自分を認めてあげて

アイキャッチ画像

アシリのKomabouです。本日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

アシリ吉祥寺では、新規に入会して下さる生徒さんを募集しています。どんな方でも、歓迎です。自分の学力に自信がないから大丈夫かなと尻込みせずに、ぜひ積極的に飛び込んでください。基礎ができていなくても叱らず丁寧に教えるプロ講師が、オーダーメイドのカリキュラムを作成いたします。

アシリ吉祥寺では、経験豊富なプロ講師による質の高い授業と良質な受験指導を、リーズナブルな授業料で受けられるのが最大の魅力です。プロ講師陣は、経験豊富で受験指導の専門的なプロでありながら、全員が洗練されたホスピタリティ精神を持っており、生徒たちのモチベーションをガッツリと向上させます。

また、アシリ吉祥寺は、医学部受験生に向けた情報を積極的に発信していますが、文系の生徒さんも非常に歓迎しています。もちろん、医学部以外の理系学部に進学を希望する理系の生徒さんも歓迎です。

本日は、東京は大雨ですね。大雨の日や大雪の日に共通テストだと、受験生があまりにかわいそうなので、今日が共通テストの日でなくてよかったと思っています。

私は、疲れがたまって落ち込んでいるとき、「もしコロナでなければ、この受験シーズンが終わってから、おしゃれなジャズ喫茶にでも行って、ジャズをのんびり聴きながら過ごし、リフレッシュして元気を注入したいな」と思うことがあります。でも、コロナは、私たちの生活すべてを変えてしまいました。しかも、オミクロン株による感染が落ち着いたとしても、必ず新種の変異株は現れ、医学・科学とウイルスとの戦争は続くのだそうです。「おうち時間」を過ごすことが推奨されるにつれ、自宅を快適なくつろぎの場にしようという潮流が盛んになり、私たちの社会そのものが変質しているように感じます。

さて皆さんは、「人生なんて、どうせ皆、生まれて、そして死ぬだけだ」と思うことはありますか。私は、仕事で疲れがたまっているときや、落ち込んでいるときなどに、そう思うことがあります。最近は、「〈人生なんて、どうせ皆、生まれて、そして死ぬだけだ〉と考えている人は、他人に対して優しくすることができず、社会の役に立たない人間だ」と言い出す人までいます。

でも人間というものは、誰もが長所と短所を持ち合わせているのであって、努力を続けているときこそ、落ち込むこともあるというもの。たまには、「人生なんて、どうせ皆、生まれて、そして死ぬだけだ」と思う時があったって、長い人生、いいじゃないと思います。そういうふうに、落ち込んでいてネガティブな考えが浮かぶときは、自分を責めず、「今こそ、自分に必要な充電の時期なんだ」と、自分を認めてあげてほしいと思います。

でも、今までの人類の長い歴史を紐解くと、大活躍した人や、大富豪になった人、歴史に名を残した人は、確かに、こういった「ニヒリズム」や「シニシズム」と闘い、懸命に努力を重ね続けた人であることがわかります。ニヒリズムやシニシズムといった西洋語は、古代ギリシャの諸学派や思想に源流があり、たとえば古典文献学者で哲学者のニーチェは、「人は、虚無主義や冷笑主義に打ち勝って、〈力への意思〉を持ってこそ、充実した豊かな人生を歩むことができる」というようなことを述べています。(それに対し、イギリスの詩人ワーズワースは、「本を捨てて、森に出よ」と述べ、「教養や知識も含めて、学問や芸術や贅沢や所有物は、人間の徳や幸福を退廃させる」という、古代ギリシャの「キュニコス学派」の立場を踏襲しましたよ。英語の「cynical」「cynicism」という単語は、このギリシャ語の「キュニコス」に由来しています。なお、ニヒリズムはふつう虚無主義と訳し、シニシズムは冷笑主義や犬儒主義と訳します。)

たとえば、西洋音楽の指揮者や作曲家として名を残すことは、最も難しい道の一つだと思いますが、クラシックの指揮者や作曲家とした大成した人って、「一度、大学で法律などを学んでから、音楽大学に入りなおした人」が結構多いんですよ。たとえば、作曲家のチャイコフスキーや、指揮者のバーンスタイン、カールベームなどです。そういった人たちは、「もう後には戻れないからこそ、音楽の道で名を残そう」と懸命に努力し必死にもがき続けた人なのです。

でも、昨今は、いわゆる社会的に成功した人や、特に大金持ちになった人が、「とにかく真剣に努力して、真面目に勉強した人」かと言うと、必ずしもそうではありません。あるフランス語の大御所学者は、日本における「資本主義のニヒリズム」の源流は、「日本的な家族の構成」に根本があるとしています。そしてネット社会、IT社会においては、「たまたま運よく軌道に乗れた、ラッキーな人が、周囲の人脈にも恵まれて富豪になる」というケースが散見されるような気がします。もちろん、地道に努力してきたタイプも成功者もいますが。この点においては、かつてはドイツやアメリカに留学しないと学べなかったデータサイエンスなどが、昨今は日本の大学でも盛んに教えられるようになってきたので、活路を見出すことはできます。

そのような中で、社会の秩序を信頼できなくて、終身雇用制も崩壊し、何を頼って何を信じたらよいのか、確かな確信や将来の約束がなくなってきたからこそ、「医学部と理工系と情報系」という将来の職に直結した学部が人気であり、また文系の人も含めて公務員人気が沸騰しているのでしょう。中高生の将来の夢としてはYoutuberや俳優・声優・歌手などの類が多いのですが、大学生に人気の職業というと、ダントツで公務員なのだそうです。そして、留学に行く人の数は、年々減少する一方です。私のように、海外留学や海外体験を大切にする人が減りつつあるのは、少し寂しいですが、でも皆さんの少しでも明るい未来を祈っていますよ。

以上のことが、皆さんが希望する大学選び、進路選びの参考になれば幸いです。そして大学に入学してからも、このようなことを思い出して、将来の職種などを考えていただければと思います。

タグ予備校 /人生 /個別指導 / /大学受験 /富豪 /将来 /成功 /日常 /職業 /進路 /
電話でお問合わせ0422-27-2768受付時間 9:00 - 22:00 Webで簡単!無料資料請求はこちら
LINEで相談する