2021年10月22日

アシリ吉祥寺の冬季講座の申込受付を開始しました

アイキャッチ画像

アシリ吉祥寺のKomabouです。本日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

東京を含む日本は、奇跡的と言ったらいいのか、新型コロナ感染が下火になって落ち着いた状態が続いていますね。「神風」と言ったら時代錯誤ですし不謹慎ですけれど、たとえばシンガポールでワクチン接種率が極めて高くても新規感染者が毎日数千人も出ているのを目にすると、ほんとうに「日本の奇跡」と言ってもよいくらいだと思いました。

さて、インターネットが本格的に普及して約20年が経ち、何を調べるのにも便利な時代になりましたね。そのぶん、インターネット回線が故障してしまうと一大事ですが。先日、70代の男性が「スマホは、私にしてみれば夢のような発明だ」と口にしているのを聞きました。最近の大学生は、「インターネット上の情報は常に更新されているし、レポートに必要な最新の英語の論文もネット上で読める」ということで、電子辞書にお金をかけるくらいならパソコンやスマホにお金をかけるよう先輩から薦められるんだそうです。

本当に、時代は変わりましたね。保護者様の世代は、インターネットがまだ普及していなかった20~30年前、調べ物があるときは大きな図書館まで赴いたり、知人宅に電話をかけて聞いたりしたことが懐かしく思い出されるのではないでしょうか。パソコン機器を立派に使いこなすデジタル・ネイティヴ世代の若い方々には、スマホやインターネットや電子メールがなかった時代のことを語り継いでいきたいなと思う今日この頃です。

では、今日の本題に入りますね。アシリの冬期講座は、12/15~1/7です。

現役生の「駆け込み寺」として、「自分一人ではどうにもならない」という高校三年生の方を歓迎しています。お尻に火がついている状態でも、大丈夫ですよ。ご安心ください。最後の調整を、プロ講師と一緒にしましょう。

「受験直前になって基礎ができていなくて、怒られたりしないのかな」「教科書に載っている公式が全然覚えられていないけど、なにか嫌味を言われたり、叱られたりしないだろうか」――そのような不安をお持ちの方や保護者様も、アシリならご安心ください。

高3の冬になって基礎ができていない子でも、アシリの講師は怒ったりしません。また、重要な点や公式が抜けている状態でも、アシリは嫌味を言ったりしませんよ。そういった方もウェルカムですので、安心してお越しください。入試本番に向けて最後のブラッシュアップを、アシリのプロ講師と一緒に楽しく元気にやっていきましょう!

また、現役生だけでなく、医学部・難関大・理系学部を目指す高卒生も、もちろん歓迎です!

そして、医学部・難関大の現役合格のためには、早期に「医師になる決意」をして、「医学部に向けた勉強」を早期にスタートすることが大切です。「高3で医学部受験を決意したが、受験勉強はもっと早くから始めておけばよかった」と感じている受験生は、例年多いです。実際に「医学部合格に向けた勉強」を早期にスタートすることで、学習の質だけでなく、時間の大切さなどの意識も変わっていきますよ。高1、高2の人たちは、医学部・難関大の「現役合格」を意識して、今から「合格に向けた勉強」を本格的に始動させましょう。アシリ吉祥寺は、どのような方でも、歓迎しています。

タグコロナ /予備校 /個別指導 /冬季講座 /冬期講習 /医学部受験 /受験 /受験生 / /大学受験 /日常 /